いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、寝ているときに何度も呼吸が止まる、しっかり睡眠がとれない病気です。SASの定義として、10秒以上の無呼吸が一晩(約7時間)に30回以上起こる、或いは無呼吸や低呼吸が1時間に5回以上起こることとしています。
睡眠時の大きないびき、何度も目が覚めてしまう、起床時の頭痛、昼間の眠気、集中力の低下などの症状が現れます。
慢性的にも睡眠不足となり、日中の眠気から居眠り事故の発生率を高めるなどの支障を及ぼします。また、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などを合併しやすくなるなど、身体への影響を大きく引き起こします。
原因のほとんどは、寝ている間に気道が塞がったり、極端に狭くなって呼吸困難になるのを繰り返す閉塞型睡眠時無呼吸症候群と考えられています。また、肥満なども上気道を塞いでしまう大きな要因ですが、鼻や喉を狭くしてしまう病気が隠れていないかのチェックも重要です。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状

寝ているとき

  • 頻繁にいびきをかく
  • いびきが止まって、そのあと大きな呼吸になっていびきが再開する
  • 呼吸が止まってしまう
  • 息苦しい様子
  • 何度も目が覚めて熟睡できない
  • 寝汗をよくかく

起床時

  • 口の中が渇いている
  • 頭痛がする
  • 目覚めが悪く、熟睡感がない
  • 身体がだるい・重く感じる

日中

  • 眠気が常にあり、ウトウトとしてしまう
  • 倦怠感があり、身体が重い
  • 集中力が続かない
  • 疲れが溜まっている感じがする
  • 運転中にウトウトとしてしまう

睡眠時無呼吸症候群になりやすい方

  • 人と比べて首が短い
  • 首回りに脂肪が多い
  • 下あごが小さい
  • 肥満気味
  • 舌や舌の付け根が大きい

診断・検査

診断について

昼間の眠気を測定するためのテストです。

数字の度合い

0:決して眠くならない
1:ときどき、居眠りしてしまう
2:居眠りすることがよくある
3:だいたいいつも居眠りしてしまう

状況 点数
1.座って読書しているとき 0 1 2 3
2.テレビを見ているとき 0 1 2 3
3.公の場所で座って何もしていないとき(劇場や会議など) 0 1 2 3
4.1時間続けて車に乗せてもらっているとき 0 1 2 3
5.状況が許せば、午後横になって休息するとき 0 1 2 3
6.座って誰かと話をしているとき 0 1 2 3
7.昼食後静かに座っているとき(お酒を飲まずに) 0 1 2 3
8.自分が運転をしていて、交通渋滞で2~3分止まっている時 0 1 2 3

5点未満は安心できますが、11点以上だと睡眠時無呼吸症候群が強く疑われるため、早めの受診をお勧めしています。11点以上の場合は、問診表スコアを印刷して持参くださると診療がスムーズに行うことができます。
当院では、SASが疑われた場合、自宅でできる簡易検査を行います。専用の検査機器を貸出しますので、その結果をもとに解析・診断を行います。治療費用は、保険適用の場合、3割負担にて約2,700円です。

検査について

検査は、簡易検査と精密検査があります。
当院では、自宅でできる簡易検査を実施しています。手の指や鼻の下にセンサーを付けて、AHI(無呼吸低呼吸指数)数値を測定して、呼吸やいびきの状況を調べます。

AHI数値 ~20 経過観察または口腔内装置
20~40 要精密検査
40~ CPAP療法

※血中酸素濃度が低い場合も精密検査をお勧めしています。その場合、専門病院で検査を受けて頂いています。

精密検査

簡易検査ではなかなか判別が難しい場合に行う検査です。精密検査では、夕方医療機関を訪れ、検査機器を付けて就寝し、起きたら検査機器を外して帰宅するため、専門医療機関に1泊する必要があります。

睡眠時無呼吸症候群の治療

以下の3つの治療方法があります。

  • CPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)
  • 口腔内装着(マウスピース)
  • 手術治療

※当院では、CPAP療法を行っています。

CPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)

睡眠時に検査マスクを装着し、圧力を加えた空気を送り込んで気道の閉塞を取り除く治療です。近年主流となってきている治療方法で、副作用が少なく、治療効果が高いとされ、この治療を受けた患者さんの95%が正常範囲内のAHI10以下まで改善されています。

CPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)の条件とは

適切な治療管理が継続的に必要であること、毎月1回の受診が条件として定められています。保険診療が適用され、3割負担の場合だと自己負担額は1カ月約5000円です。

口腔内装置(マウスピース)・手術治療について

口腔内装置(マウスピース)

マウスピースによって下顎を前方に固定させて、塞がっていた空気の通り道を開きます。簡易結果の結果でAHI数値が10以上、20以下の軽症で治療希望の場合はマウスピース治療になります。口腔内装置治療ができる歯科医院を紹介しています。

手術治療

上気道が塞がる病気が原因の場合は、扁桃摘出術や鼻中隔矯正術などの手術が可能な医療機関を紹介しています。

現在、他院でCPAP治療を受けられている方へ

CPAP治療を他院で受けられている方で通院の際に待ち時間が長い、或いは遠方のため時間がかかるなどでお困りの方は、当院への転院・CPAP管理の変更が可能です。当院では、フィリップスのCPAP機器のみを取り扱っています。当院でのCPAP通院を希望されている方は、一度気軽にご相談ください。毎月の受診時には、待ち時間が少なくなるような体制を整えています。

※フィリップスのWEBサイトはこちら


  • 現在の待ち状況を確認
  • 当日順番取り
LINE
TOPへ