風邪の症状の見分け方

症状から見分ける、アレルギー・風邪・インフルエンザ

症状から見分ける、アレルギー・風邪・インフルエンザアレルギー性鼻炎と風邪、インフルエンザは、症状が似ていますが、原因がそれぞれ異なります。

原因について

風邪・インフルエンザ

主に、アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因物質)を吸い込むことで発症します。
具体的には、花粉やダニ・ハウスダスト、ペットの毛やフケ、カビなどです。

アレルギー性鼻炎

主に、ウイルス感染によって発症します。 風邪:ライノウイルス・アデノウイルス・RSウイルス・パラインフルエンザウイルス・エンテロウイルスなど インフルエンザ:インフルエンザウイルス(A・B・D型)

症状について

  アレルギー性鼻炎・花粉症 風邪 インフルエンザ
全身の痛み(筋肉痛・関節痛) ない ほとんどない 急激に進行し、症状が酷い
ほとんどない・出ても微熱 微熱が多い(~38℃) 高熱が多い(38℃以上)
鼻水 透明でサラサラした鼻水が止まらない 初期から酷い・はじめはサラサラで次第に粘り気が出る 後期から酷くなる
くしゃみ 何度も・ときには数十回続けて出ることもある 出ることが多いが続いても3~4回 出ることがある
鼻づまり 症状が酷胃、長く続く 症状が数日間続く 症状が出る
のどの症状 痛み・稀に腫れる・ときにイガイガ感がある 痛み・腫れがある 痛み・腫れ・症状が酷い
出ることがある 数日続く 症状がひどく、数日間続く

※横スクロールで全体を表示

※例外もあるあめ、自己判断はせずかかりつけ医の医療機関を受診しましょう。

検査方法について

  アレルギー性鼻炎・花粉症 風邪 インフルエンザ
検査
症状や問診を合わせて診断
  • 特異IgE抗体検査
    血液中の特異IgE抗体の有無を調べます
  • 皮膚テスト
    皮膚に直接アレルゲンを反応させます
主に鼻・喉のぬぐい液からウイルスの有無を調べます(アデノウィルスなど) 主に鼻・喉のぬぐい液からウイルスの有無を調べます(A・B型の診断が可能)

※横スクロールで全体を表示

治療方法について

  アレルギー性鼻炎・花粉症 風邪 インフルエンザ
治療 アレルゲンを避け、発症しないようにする
症状が出たら、抗アレルギー薬などで治療する
症状を抑えたり、和らげたりする薬で治療する(対症療法) 抗インフルエンザウイルス薬で治療する

※横スクロールで全体を表示

花粉症について

花粉が原因で起こるアレルギーの病気を花粉症と言います。。発症初期は、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの風邪と似た症状が見られます。簡単な検査で原因を調べることができます。原因を特定し、早期に適切な治療を行うことで、アレルギー症状を抑えたり、緩和させることができます。また、花粉の種類や飛散時期を把握しておき、予防や対策に役立てましょう。

花粉の飛散時期

  • スギ:11月~4月
  • ヒノキ:3月~5月
  • カモガヤ:5月~7月
  • ヨモギ:8月~10月
  • ブタクサ:8月~10月

花粉の飛散時期

手洗い

石鹸を使って15秒以上丁寧に洗い、花粉やウイルスをこまめに洗い流しましょう。水は清潔なタオルで拭き取ります。

うがい

うがいでウイルスや花粉を洗い流すことができます。

マスク

アレルゲン物質の吸入やウイルスの飛散を防ぎます。

規則正しい生活

ダニなどのハウスダストなど、原因アレルゲンを除去していく生活が大切です。

予防接種

インフルエンザの予防接種が効果的です。

  • 03-5323-0252
  • 当日順番取り
LINE
TOPへ