耳鳴り

耳鳴りについて

耳鳴り実際には音がないのに、本人だけが聞こえる状態を耳鳴りと言います。日本人の40歳以上の人の約2割、4~5人に1人は耳鳴りがあるとされています。耳鳴りの原因がほかの疾患によるものである場合、その原因疾患を治療します。加齢やその他の疾患がないのに耳鳴りがある場合は、酷くなって日常生活に支障が出る前に受診するようにしてください。

耳鳴りを起こす原因疾患とは

疾患が原因の場合

原因疾患として挙げられるのは、外耳炎・急性中耳炎・滲出性中耳炎・慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎、突発性難聴、メニエール病、急性低音障害型感音難聴などです。これらの疾患が原因で耳鳴りがある場合は、原因疾患の治療を行い耳鳴り症状の改善を図ります。

耳鳴りの症状について

耳鳴りの悩みは、周りの人たちになかなか共感を得られず、気持ちが楽になれずにつらい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

耳鳴りによって生じる症状は以下があります。

  • 物事に集中できない
  • 寝付きにくい
  • イライラしてしまう
  • 疲れやストレスを過度に感じる
  • 心配や不安が生じる

耳鳴りの治療方法

疾患が原因の場合

耳鳴りの原因が疾患によるものの場合は、各疾患の治療を行います。

薬物療法

老人性難聴が原因の場合、症状が現れてから半年以内であれば、薬物の内服治療を行います。患者さんに適した薬や漢方薬を処方しています。

  • 現在の待ち状況を確認
  • 当日順番取り
LINE
TOPへ