喉のよくある症状

口腔・のどについて

口腔・のど私たちの口の中は、口腔・咽頭・喉頭部分に分けられ、ここに疾患があると口の渇きや喉の痛み、腫れ、喉の詰まり感、異物感、咳、痰、かすれ声などの症状が見られます。
口腔は歯や舌の部分、咽頭は喉の奥の部分、喉頭はのどぼとけのある部分を指します。

口腔・喉(咽頭・喉頭)・鼻腔の関係とは

口腔と喉、鼻腔はそれぞれつながっていて、呼吸・嚥下・発生などの機能を持っています。喉頭は、口から食べ物を受け入れ、また呼吸時の空気を取り込む、また細菌などの病原体の侵入の阻止など大きな役割があります。上咽頭は鼻呼吸の通り道、中咽頭は呼吸と食べ物の通り道、下咽頭は食べ物の通り道の役割があります。喉頭は、食べ物や空気などを食道や気管に振り分ける器官、さらには声を出す役割もあります。

口腔・のどの症状について

  • 口内炎ができる
  • 舌が沁みる
  • 舌がただれる
  • 喉が腫れる
  • 喉が痛い、乾燥する
  • 喉に違和感がある
  • 飲み込みにくい
  • 声がかすれる、出にくい
  • いびきをかく
  • 味が分からなくなる

口腔・のどの病気について

口腔乾燥症(口の渇き)

加齢による唾液量減少の場合が多いですが、膠原病など全身疾患の症状の場合もあります。膠原病が疑われる場合、血液検査を行います。膠原病以外が原因の場合は、マスクや水分補給、保湿ジェルなどを用いる生活指導や対症療法が通信です。

扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎

扁桃炎:口蓋扁桃に急性の炎症が起こる病気。口蓋扁桃は口を開けると左右にひとつずつ見えます。
咽頭炎:のどの奥の突き当りに炎症が起こる病気。
喉頭炎:のどの奥にある蓋に炎症が起こる病気。
いずれも疾患も発熱と強い咽頭痛、全身の倦怠感の症状が現れます。主な原因は、細菌感染の場合が多いですが、ウイルス性の場合もあります。所見や血液検査などで、患者さんに適した治療薬を選択し治療を行います。症状が酷い場合は、点滴治療を実施しています。

扁桃肥大・アデノイド肥大

アデノイドは、鼻の奥にあるリンパ組織を指し、2歳頃から徐々に大きくなり、そのピークは5~6歳頃とされています。アデノイドが大きくなると、鼻呼吸できなくなり、耳管の出口を塞ぎ、中耳炎の原因ともなります。
レントゲン検査や内視鏡検査で、アデノイドの大きさを確認していきます。アデノイドが大きいお子さんは、扁桃も大きいのもひとつの特徴です。このように、アデノイドや扁桃が大きいことで、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因にもなります。手術が必要な場合は、治療が可能な医療機関を紹介しています。

声帯炎

大きな声を張るなど、喉の使いすぎによる声枯れのほとんどは声帯炎です。声がかれてから早い時期に適切なケアや発声制限を行う、または薬物治療を行うことで改善します。

声帯ポリープ・浮腫状声帯

声帯に炎症を起こすとポリープが発症します。声帯炎が改善できずにむくんだ状態が続くことで、浮腫上声帯へと進行してしまいます。治療方法は、薬物治療での改善が難しく、手術による治療が必要になります。

咽頭がん・喉頭がん

咽頭や喉頭にできるがんです。当院では、がんの早期発見のため、最新の内視鏡検査を行っています。治療が必要な場合には、治療可能な施設を紹介しています。

咽頭異物

魚の骨や義歯、薬のPTPシート、そのほかの小さな物体が咽頭に引っかかっている状態を咽頭異物と言います。自然に取れる場合もありますが、無理をしないで速やかに受診してください。

嚥下障害

飲みにくい、食事中にむせる、食後の痰が多くなるなどのように、食べ物を上手に飲み込むことが上手にできない状態を嚥下障害と言います。主な原因は、加齢によるものをはじめ、脳卒中の後遺症や神経や筋肉の病気、咽頭や喉頭の腫瘍などが考えられます。原因となる疾患の治療も重要ですが、嚥下内視鏡検査でいったいどのくらい飲み込めるのかを確認していきます。食べ物の固さを考えたり、とろみ剤を上手に使うことで「飲み込む」機能を上手に使う工夫と方法を考えることが大切になってきます。
嚥下機能をチェックする方法として、ビデオ内視鏡検査(VE)と、ビデオ造影検査(VF)があります。75歳以上の方の約1/3が不顕性誤嚥といって、気付かないだけで誤嚥しているとされています。また、日本人の死因第3位にもなっている肺炎ですが、肺炎の約1/3が嚥下性肺炎で、高齢になるほどその割合も高くなっています。最近、食事が遅くなったり、食後の痰が増えたり、食べているのに体重が減っているなどの症状がある方は、誤嚥のサインですので、早めに受診しVE検査を受けることをお勧めしています。

  • 03-5323-0252
  • 当日順番取り
LINE
TOPへ