鼻のよくある症状

鼻について

鼻は、空気を取り入れて呼吸するうえで欠かせない、重要な役割を果たしています。それと同時に、異物の侵入を防ぐ、呼気の温度や湿度を調整しながら気管や肺にかかる負担を軽減させる、また匂いを感知することで環境変化に対応できるような役割を持っています。
とくに、私たちの身体に有害な細菌やウイルスなどの病原体を含む異物侵入を排除するために防御機能を働かせます。それがくしゃみや鼻水、鼻づまりの症状ですが、異物が鼻粘膜に付着するとくしゃみで吹き飛ばし、鼻水で洗い流します。鼻づまり(粘膜の腫れ)によって異物の侵入路を塞ぎます。
このように、鼻は生命維持と同時に、病気予防や健康維持に大きな役割を果たしています。しかし、鼻の症状があると不快感が伴い、生活に支障を及ぼします。気になる症状がある場合はお気軽にご相談ください。

鼻の症状について

  • 鼻がつまる
  • 鼻水が出る
  • くしゃみが止まらない
  • においが分からない
  • 鼻血が出る
  • 鼻が痛い
  • 鼻が腫れる
  • 鼻が痒い
  • のどに鼻水が流れる
  • 鼻が乾燥する

鼻の病気について

風邪による急性鼻炎

風邪によって鼻に炎症が出来ることによって急性鼻炎になります。鼻処置で鼻の空気の通り道を広げることで炎症を改善していきます。

副鼻腔炎・鼻茸(鼻ポリープ)

急性副鼻腔炎は、膿のような鼻汁が出て、頬や目の奥の痛み、頭痛などの症状があり、風邪が長引いて鼻や副鼻腔に炎症が起こることでなります。鼻処置や抗生剤の内服治療を行い改善していきます。急性副鼻腔炎が治らず、慢性化することで慢性副鼻腔炎(蓄膿症
)になるので注意が必要です。慢性副鼻腔炎になってしまうと、治療期間が長くなると同時に、内服治療でも改善が見られない場合は、手術が必要になります。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎主な症状として、くしゃみ、鼻水、鼻づまりで、そのほか目の痒みや目の充血などがあります。アレルギー性鼻炎は、季節性の花粉症と通年性のハウスダストによるものに分類されます。当院では、薬物療法、舌下免疫療法を行っています。アレルギー性鼻炎の症状でお悩みの方は早めにご相談ください。また、毎年花粉症でお悩みの方は、症状が出る前に受診することをおすすめしています。

鼻中隔湾曲症

-->

鼻中の左右を仕切っている壁が曲がっていることで、鼻づまりが起こっている状態を鼻中隔湾曲症と言います。鼻中隔湾曲症の場合、手術可能な医療機関をご紹介します。

鼻出血

鼻出血鼻出血は、小さいお子さんや高齢の方に多く、鼻出血の80%は鼻中隔(鼻の中の左右を仕切る壁)入り口付近からの出血です。風邪やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などの炎症によって、鼻の粘膜が充血して出血しやすい状態で鼻を擦ったりする刺激によって出血します。鼻中隔の粘膜の下には血管が網目にあり、血流が多いため鼻を擦るといった刺激を受けやすい部位でもあり、出血が起こります。
稀に、腫瘍が原因の場合があるので、このような出血が続く場合は早めに受診してください。出血時の対処法として、やや前かがみで座り、小鼻の柔らかいところを指でつまみます。5~10分間続けると多くの場合は止血できます。

  • 現在の待ち状況を確認
  • 当日順番取り
LINE
TOPへ