副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎について

副鼻腔炎副鼻腔という空洞に炎症が起きる状態を副鼻腔炎と言います。副鼻腔とは、顔の内側にあり、状顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞の4つの空洞の総称で、いずれも鼻腔とつながっています。主な原因は、副鼻腔内での細菌感染や真菌(カビ)、虫歯による炎症が影響しているとされています。

副鼻腔炎の症状

以下のような症状がある場合は、副鼻腔炎の可能性があります。

  • 黄色い鼻水
  • 悪臭を伴う鼻水
  • 鼻づまりによる口呼吸
  • 額や目の奥、頬などの顔面痛
  • 鼻水が喉に垂れる(後鼻漏)
  • 咳や痰
  • においを感じにくい(嗅覚障害)

急性副鼻腔炎

風邪をこじらせるなどで長引いた場合、副鼻腔内に細菌感染が起こることで発症します。近年では、アレルギー性鼻炎の合併によって発症するケースが増えていて、花粉のシーズンが過ぎたのに鼻の症状が長引いていたら副鼻腔炎を合併していたという例も多く、全体の約4割に及ぶとされています。
さらに、副鼻腔炎の炎症によって耳閉感が生じたり、そこから中耳炎を合併する場合もあるので注意が必要です。また、稀に視覚障害や意識障害などの合併も見られることもあります。

急性副鼻腔炎の症状

  • 黄色い鼻水
  • 悪臭を伴う鼻水
  • 鼻づまり
  • 額や目の奥、頬などの顔面痛
  • 鼻水が喉に垂れる(後鼻漏)
  • 咳や痰
  • 臭いを感じにくくなる(嗅覚障害)
  • 粘り気のある鼻水

慢性副鼻腔炎とは

急性副鼻腔炎がなかなか治らず、長期にわたり症状が続く状態を慢性副鼻腔炎と言います。だいたい症状が2~3カ月以上持続すると、慢性副鼻腔炎と診断されます。

慢性副鼻腔炎の症状

急性副鼻腔炎の症状と同じですが、炎症が長期化しているので副鼻腔炎の粘膜が腫れて、鼻茸が発生します。鼻茸によって、鼻づまりが酷くなったり、嗅覚障害を引き起こすことがあります。

副鼻腔炎の治療方法

急性副鼻腔炎を発症した患者さんが、慢性副鼻腔炎への進行を防ぐためにも当院では、可能なかぎり早く治療を開始できるよう、日本鼻科学会の急性副鼻腔炎診療ガイドラインに則って診療を行っています。

治療方法は、以下の通りです。

  • 抗生剤や消炎剤などの薬物療法
  • 薬液を鼻腔内に噴霧するネブライザー療法
  • 鼻腔や副鼻腔内にある膿や鼻水を吸引して除去する処置

副鼻腔炎は、1~2週間で症状が改善する場合と、後鼻漏や鼻づまりなどの症状が残る場合があります。患者さんの自覚症状やレントゲン、鼻内所見などで副鼻腔炎が残っていないか確認します。まだ副鼻腔炎が残っている場合は、マクロライド系抗生剤を少量飲む治療を行い、慢性化を防ぎます。

アレルギー性鼻炎が原因で発症する副鼻腔炎

アレルギー性鼻炎による副鼻腔炎が近年増加傾向にあります。副鼻腔は、鼻腔とつながっている細い管状の通路が花粉症やアレルギー性鼻炎によって腫れて塞がってしまうと、副鼻腔炎を発症させてしまいます。従って、アレルギー性鼻炎の方は、副鼻腔炎を引き起こさないよう、しっかりとアレルギー性鼻炎の治療をすることが重要です。
治療方法は、保存療法ですが、あまり改善が見られない場合や鼻茸が発生している場合は、連携する専門医療機関を紹介し、手術療法をお勧めしています。
手術方法は、鼻の穴から内視鏡を挿入する方法で治療していきます。これまでのような歯肉を切開して上顎骨を削るなどはしないので、安全性が高く、身体的負担を最小限に抑えられるようになりました。

治療にあたっての注意点とは

  • アレルギー性鼻炎が伴う場合は、アレルギー性鼻炎の治療も同時に行います。
  • 虫歯が原因の場合は、歯科治療も必要です。
  • 真菌(カビ)感染による場合は、連携する専門医療機関での検査及び治療をお勧めしています。

ネブライザー

ネブライザー薬液を微粒子レベルの細かい霧状にして、鼻や喉に噴霧しながら直接患部に送り届ける医療機器です。鼻や喉に届いた薬液は、呼吸とともに鼻の奥や気管支、肺までに到達でき、患部に薬が浸透しながら作用します。とくに、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、咽喉頭炎、気管支炎、肺炎などの症状を効率よく緩和できます。

子どもの副鼻腔炎について

子どもの副鼻腔炎子どもの副鼻腔は、副鼻腔炎になりやすい構造をしていますが、一度発症しても治りやすいため、手術治療をすることはありません。鼻づまりによって、いびきをかいたり、口呼吸になることがあるので早めの治療が大切です。また、副鼻腔炎が原因で、急性中耳炎や滲出性中耳炎を引き起こしやすいの注意してあげましょう。

  • 03-5323-0252
  • 当日順番取り
LINE
TOPへ