子どもの耳鼻科

子どもと耳・鼻・喉の病気

小さなお子さんにとって、耳や鼻、喉の症状は不快感が大きく、発育や学習にも大きく影響を与えます。耳や鼻、喉に違和感や異常がある場合は、耳鼻咽頭科を速やかに受診することで、症状改善が可能です。また、隠れていた疾患の早期発見や適切な治療が可能になります。当院で診察を行いまして、治療が必要な患者様へは東京医科大学病院へご紹介をさせていただきます。

症状別・耳・鼻・喉に関する症状

耳に関する症状

  • 耳に聞こえが悪い
  • テレビの音量を上げないと聞こえない
  • 会話中、聞き返すことが多くなった
  • 呼ばれても返事をしない
  • 耳を痛がる
  • 耳をよく触る
  • 耳鳴りを訴える

鼻に関する症状

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりが続く
  • 鼻を良くこする
  • 鼻風邪をよく引く
  • 鼻声になっている
  • よく鼻血を出す

喉に関する症状

  • 喉を痛がる
  • 扁桃が大きい
  • 咳、痰が続く
  • 喉の違和感がある

よくあるお悩み

風邪のような症状で、耳も痛がっていて何科を受診したら良いでしょうか?

風邪をきっかけに中耳炎を発症することが多いです。当院では、風邪やインフルエンザと同時に、中耳炎の治療を行っているので、気になる症状がある場合は気軽に相談してください。

38度以上の発熱が3以上続くお子さんにおける急性中耳炎の頻度は、0歳で69%、1歳で41%とされています。(末武光子:日本耳科学会誌より)
耳が痛くて、鼻水や咳と同時に発熱がある場合は、中耳炎の可能性もあるため、風邪やインフルエンザなどを同時に診察できる耳鼻咽頭科に相談してください。

中耳炎を繰り返していて不安です。

2歳くらいまでのお子さんは免疫力が低いため、急性中耳炎を繰り返すことが度々あります。急性中耳炎を治さないと慢性化してしまい、鼓膜の内側に滲出液がたまる中耳炎と症状が進行してしまいます。慢性化した中耳炎は、難聴になりやすいのですが、子どもは上手に難聴を訴えられないので、中耳炎の後は鼓膜の異常がないかチェックする必要があります。

中耳炎に何度もかかっていて難聴などが心配です。

中耳炎の適切な治療を耳鼻咽喉科においてしっかりと受けていれば、中耳炎で難聴が起こることはありません。

子どもが鼻血を出してしまい、止め方を教えてください。

鼻血は、適切な処置をすれば数分で止まります。鼻血が出たらまずは下を向かせてください。うっかり上を向けがちですが、上を向くと鼻血が喉に入ってしまいます。次に、小鼻の両側を指でしっかりと押さえ、口に流れてきた鼻血は吐き出せるようにして様子を見ましょう。

黄色い鼻水が止まらない、咳や痰が続いているという症状が続いてますが元気です。受診した方が良いですか?

黄色い鼻水に咳や痰の症状で、副鼻腔炎の疑いがあります。咳も副鼻腔炎のために鼻水が喉に流れた際によく起こる症状です。鼻処置を行い、粘度が高い鼻汁を吸引したり、薬物治療を行うことで、症状を改善していきます。鼻水のみの場合でも診療しているので、お気軽にご相談ください。

子どもが耳や鼻に異物を入れてしまいました。

小さいお子さんにはよくあることで、鼻に異物がある場合、無理に取ろうとせず、何もしないですぐに耳鼻咽喉科を受診してください。自分で取ろうとすることで逆に押し込んでしまうことがあるので危険です。

子どもの耳掃除はどうすればいいですか?

耳は、デリケートな部位で傷つきやすく、炎症を起こしやすく外耳炎になりやすい特徴があります。耳鼻咽喉科では、保険診療で安全な耳掃除を実施しています。耳垢は、自然に耳の奥から手前まで運ばれてくるので、実はあまり頻繁に耳掃除をする必要はありません。小さいお子さんの頻繁な耳掃除は、耳を傷つけるリスクが高まり危険です。だいたい、2歳くらいまでのお子さんは3カ月おきに、それ以上の大きいお子さんは半年に1度程度のペースで耳鼻咽喉科での耳掃除をお勧めしています。

  • 現在の待ち状況を確認
  • 当日順番取り
LINE
TOPへ